エレクトロニックプリンスⅡ

タツノコプロ大好き女「竹実千万(たけみちよろず)」のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

戦国武将列伝 爆風童子ヒッサツマン

超有名なアニメ「ポケットモンスター」の
ムサシ・コジロウ・ニャースを始め、
タイムボカンシリーズの三悪を露骨に意識した悪役は
多くの作品で見られるけど、
今回紹介する爆風童子ヒッサツマン
とてもタツノコプロ製作でないことが信じられないくらい、
タイムボカンシリーズのオマージュだらけの作品。

まず主題歌からして山本正之氏の歌だし、
小原乃梨子氏が悪役の三人組のボスでそのキャラもまんまドロンジョだし、
富山敬氏もナレーションやささやきレポーターのパロキャラで出てるし、
歴史の改変を食い止めると言うフォーマットはオタスケマンだし、
逃げ続ける鳥を追いかけると言うのはヤットデタマンだし、
戦闘シーンもヤッターマンを連想させる。
スタッフもタイムボカンシリーズに関わっていた方が多いし、
ギャグのノリも正にそれだね。
だからタイムボカンシリーズのファンにとっては
タイムボカンシリーズが復活したようで嬉しい側面があるけど、
やはりそれだけと言うかオリジナリティが不足しているのは否めない。
アクの強いキャラが殆どでありながらもどれも不快感は感じないし、
主人公の平賀玄米もなかなか魅力的だけど、
肝心のヒッサツマンのデザインは
人目を引く要素がなく練り込み不足と言う印象を受けたし、
変身シーンも格好良いと言えるものではないんだよね……

非タツノコプロ製作でありながらも内容はタイムボカンシリーズそのもの。
それ以外のアピールポイントには乏しいけど、
致命的な欠点はないからタイムボカンシリーズのファンなら見て損はなし!
スポンサーサイト
別窓 | アニメ/漫画 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<文次郎も大変 | エレクトロニックプリンスⅡ | こてんこてんこ>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

∧top | under∨
| エレクトロニックプリンスⅡ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。