転生したらマリオだった件『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』

任天堂の看板であり、世界中で知られている『マリオ』を
3DCGで久々に映画化したとして大きな話題を呼んだ本作。
そして、公開されるなり世間から高い評価に。

一方で、ネットでは「ゲームの設定と違う」「ピーチが可愛くない」という意見もあった。
管理人はそういう賛否入り乱れの作品こそ
どんなものなのか見てみたい」と思うし、
秋冬アニメも次々終わっているので早速鑑賞してみた。

ちなみに、管理人の世代はGB~GC辺りが一番馴染み深く、
Wii以降もマリオ○○というタイトルのパーティ系ゲームへの馴染みが深い。
小三の時に仲が良かった上級生と
マリオのぬいぐるみを取り合った思い出もある。

まず、この映画は「ゲームのマリオが好きなら絶対にオススメ!
と謳われていることが多いけど、
実際には「明らかに原作と違い、原作ファンだからこそ不満な人もいる
映画だと思う。

マリオとルイージが配管業を営んでたり、
マリオが弟思いなところは良いと思ったけど、
マリオ兄弟が周囲からバカにされている
マリオはキノコが嫌いという設定は明らかに原作のイメージと違う。

何故、こんな設定にしたのか?
それはゲームのマリオは現実の人間に操作されるキャラクターであり、
「君もゲームではマリオだ」というメッセージが読み取れるけど、
なんとピーチまで異世界転移してきたと言う設定。
その上ピーチも原作と違い、
マリオの存在意義をなくす勢いで強すぎる設定で表情も険しく、
「マリオ達本人の物語」ではなく、
マリオとピーチのそっくりさんによるよくある異世界無双もの
と認識した時から、少し退屈になってしまったのが本音……😅

ピーチ城正門に辿り着くまで悪戦苦闘するマリオ、
クッパ軍団のやり取り(「その他共!」が笑えた)、
クライマックスのバトルシーン、
楽しいエンドロールなど部分的には大好きなところもあるけど、
ストーリー自体は良く言えば王道で、平凡な出来栄え。
小ネタは確かに知っているとハッとするけど、
管理人にはそれよりストーリーの面白さが重要だし、
マリオ兄弟が家族や隣人に見直されるところも
突然の掌返しにしか見えずイマイチ。
あとトゲゾーこうらになるノコノコとはどういうことか(哲学)
原作改変は1986年の『ピーチ姫救出大作戦!』と大差ない印象を受けるね。

3DCGはすごく綺麗だけど、
クッパ城や土管の中やレインボーロードなどの色使いは
ちょっと色調が眩しすぎて評価に響く一面もある。
(正直、管理人も途中で目が痛くなった)
音楽はゲームのアレンジはどれも素晴らしいけど、
ボニー・タイラーのHEROなど
何故かマリオと全く無関係の既存の楽曲を使っている場面もある。

また、臆病なルイージは『ルイージマンション』から、
マリオカートの反重力は『マリオカート8』からだけど、
どちらも比較的最近の作品が出典なので未プレイだと違和感があるかも。
マリオ兄弟がブルックリンに住んでいるのはFC時代の裏設定、
キノピオが男性声優かつ若干うざキャラなのに至っては
1989年から国外のみで放送されていた
『The Super Mario Bros. Super Show!』
(マリオ兄弟=ブルックリン住まいも取り入れている)からだから、
そこは素直に面白いと思うね。

このように、この映画は賛否どちらもあっていいと思うけど、
最近発売されたSwitchソフト『プリンセスピーチ Showtime!』は、
パッケージなどのピーチ姫が当初の原作準拠から
映画に近いキリッとした顔立ちに変えられたという経緯がある。
プリンセスピーチShowtime比較
目が肥えたマリオファンが少ない場所では
「こんなの誤差じゃん」などと一蹴されていたけど、
実際には「ゲームと映画を一緒にすべきでない」「前のほうが良かった
と言っているマリオファンはTwitterにもたくさんいる。
それなのに、この映画にも批判を封殺しようとする勢力が存在するのは
はっきり言っておかしいと思う。
明らかに原作と異なる攻めた部分があるのは事実なんだし、
マリオファンにも見解は様々だと言うことを踏まえてほしい。

評論家からは「マリオ映画としては面白いが映画としては普通」
という評価が多いらしいけど、
管理人もこれについては同意見。
(確かにマリオの小ネタは豊富だけど、ストーリーは平凡)
ただ、マリオ映画としてもなんか違う、という人も少なくないので、
任天堂は今後もゲームと映画は別枠として製作に取り組んでもらいたいね。

更に、マリオの3DCG映画は既に続編の製作も発表されている。
本作でヨッシーがタマゴから孵るところで終わる時点で
続編を作る気満々なのが伝わってきたけど、
続編では不可解な設定がなるべくないようにしてほしい。
スポンサーサイト



2 Comments

ツキカゲ

R・チョロさん、こんばんは。私はAmazonプライムで「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」を観ましたが「原作ゲームと違うから面白くなかった」の一言でした。

私がプレイしたマリオゲームは
ファミコン=スーパーマリオブラザーズ1~3、マリオU.S.A.
ドクターマリオ

スーパーファミコン=スーパーマリオワールド、マリオカート

ゲームボーイ=マリオランド1、2

ニンテンドウ64=マリオ64、マリオカート64

ニンテンドーDS=Newスーパーマリオブラザーズ、3Dランド

で、最近のマリオゲームには触れてませんでした。

ゲームで感じたキャラのイメージは
マリオ=明るくて前向きで行動的
ルイージ=マリオより大人しくて控えめだが、いざという時に頼りになる
ピーチ姫=お淑やかだか、明るくて行動的な所もある

なので、この映画のマリオ達は違和感しかありません。

「ピーチ姫はゲームの方が可愛い」「"マリオがキノコ🍄嫌い&周りからバカにされるキャラ"なのは原作を改悪している」の一言で、マリオのイメージを悪くするのでは?とも思いました。

まず、この映画は「どのマリオのゲームを元に作った話なのかが分かりにくい」と感じます。

理由としては
・途中でドンキーコングが仲間になるが、マリオとドンキーコングが同じゲームに登場するのはマリオカートシリーズ以外あまり無い。

・「マリオよりもピーチ姫が強い」という設定のゲーム自体が少ない。

・そもそも「クッパに囚われたルイージを、マリオ&ピーチ&キノピオが助ける」というストーリー自体が原作ゲームと違う。

があります。

「ゲームのマリオが好きでも、必ず楽しめるわけではない」としか思えないし、Amazonプライムの映画宣伝動画では「ドンキーコングがマリオを殴る場面が強調されていて、ジャイアンがのび太をいじめる場面を連想するから嫌だ」の一言で、ゲームのマリオが好きな私には受け入れにくいです。

因みに、ボニー・タイラーの「HERO」が劇中で流れたのは、「スーパーマリオブラザーズが発売されたのが1985年で、その時に流行った曲だから」という理由からだそうですが、誰もが知ってる曲とは限らないし、個人的には「マリオとは無関係の曲だし、感動の押し売りみたいでウザい」としか思えません。

映像の方も「目が疲れる」の一言で、何度も観たい映画ではないです。

R・チョロさんの仰る通り、私にとっては「明らかに原作と違い、原作ファンだからこそ不満が多い映画」でした。
しかし、世間(ネット)の宣伝文句が「マリオのゲームをやった事がある人なら絶対に楽しめる」なので、ちょっとでも「ゲームと違うから好きになれない」と言うと、おかしい人間扱いされるのが凄く嫌ですね。

私はゲームのマリオが大好きで、子供の頃にぬいぐるみやボードゲーム、食玩を買って貰った記憶があります。最近では、マクドナルドⓂ️🍔🍟のハッピーセットも集めたりしてましたが、このマリオ映画には「面白いと感じない人はおかしい」という風潮が凄くあるので、今まで大好きだったマリオが少し嫌いになったのが残念でした。

「マリオのゲームをやった事があるなら絶対に楽しめる映画」という宣伝文句(?)がある以上、ゲームと映画は別物として考えるのは難しいですね。

このマリオ映画もそうですが「帰って来たドラえもん」「あらしのよるに」「さよならティラノ」といった作品は「誰もが感動できる作品だから、つまらないと思う人はおかしい」という風潮があるのが駄目だと思います。

この様な作品が増えないで欲しいですね。






  • 2024/04/03 (Wed) 23:36
  • REPLY
R・チョロ

R・チョロ

Re: タイトルなし

ツキカゲさん、こちらの記事にもコメントありがとうございます。

やはり、このマリオ映画は賛否両論な原作改変が多い印象ですね。
マリオの家族周りの暗い設定に加え、
マリオはキノコが嫌いで、その上キノコを露骨に別の皿に分けるという。
私もマリオのお陰でキノコのイメージが良くなったので、
見ていて心地良い場面ではなかったですね。
『マリオストーリー』ではキノコを食べてHPを回復していて、
料理すれば更に性能の良い回復アイテムになりますし、
『スーパーマリオサンシャイン』では「毒キノコは嫌い」という設定でも、
キノコ全般が嫌いとまではされていなかったはずです。

ピーチ姫は『スマッシュブラザーズDX』ではマリオよりも強いキャラでしたが、
流石にこの映画の「マリオがいなくても良いほど強すぎる」には違和感がありましたね。

ドンキーコングの登場は、初登場がマリオと同じ
(厳密には『ドンキーコング』の初代DKは現在のクランキーコングだが)で、
その後もマリオとの共演があるからでしょうが、
確かに彼はもっと大らかで平和なイメージだと思います。
『マリオパーティ5』のドンキーコングはマップ上のNPCとして登場しますが、
彼とのルーレット対決でプレイヤーが悪い結果になると、
自分が喜ぶのではなくプレイヤーの立場に立つように悲しんでくれる、
というキャラだったのが印象深いです。

また、「ドンキーコングはクランキーコングの息子」という設定も原作とは異なります。
現在の2代目DKは初代DKであるクランキーコングの孫で、
クランキーコングの息子はドンキーコングJr.(現在のドンキーコングとは別人)
というのがファンからは長年お馴染みの設定でしたが、
その記述があったニンテンドーオンラインマガジンのページが本作の公開後に削除されたといい、
ドンキーコングの設定もマリオ映画基準になるのかと複雑な感じです。
コクッパがクッパの子供からクッパの部下に変更されたのもそうですが、
長年定着していた設定を容易に変更すべきではないと思います。

本作は特定のゲームを元にしているのではなく、
映画としてのオリジナルストーリーを現代の価値観で製作したのだとは思いますが、
それでもマリオのキャラを使った良くある異世界転移ものにしか見えませんでしたし、
小ネタは充実していてもそれがストーリーには全く活きないため、
私も特別面白いとは思わなかったですね。
映像が目が疲れると言う意見にも同感です。

https://note.com/mnchkin/n/ndada4b8bfbf9

ネットでこの映画の評判を調べたら、こちらのレビューが面白かったです。
ストーリーに盛り上がりが欠けていたのは、
上げて落とされる場面が多いというカタルシスの欠如にもあったことにも気付かされました。
他にも検索していると、本作の欠点を指摘しているレビューが多く引っかかるので、
やはり本作は何に趣を置いているかにより大きく評価が分かれるようです。

ただ、明らかに原作改変が多いのに
「原作に忠実!」「マリオファンなら誰でもオススメ!」的な宣伝を見ると、
本当に原作をやってるの?」と疑問を唱えたくなります。
ましてや、ロクに内容に言及せずに「この映画への批判は逆張り」などと言っている人は、
未見なのに庇っている売上至上主義者だと思ってスルーしていいです。
私も観る前は「こんなに売れてる映画なんだから、さぞ完璧なんだろう」と思っていたので……
蓋を開けてみたら全く印象が変わりましたが。

批判するな勢が多い作品の共通点は内容が感動を意識していることにもあると思います。
それでも明らかに破綻していると『STAND BY ME ドラえもん2』のように不調に終わりますが、
下手にヒットしてしまうと面倒ですね。

続編では本作の否定的意見にも目を通し、
「原作改変は賛否両論」ということを踏まえた内容になってほしいですね。