『北斗の拳』の雲のジュウザについて

北斗の拳』は内容で言えばやはりアニメの方が好きで、
原作では多くがチョイ役だった南斗五車星の5人も、
アニメでシーンが足されたことでより魅力的になった。

中でも、原作を読んだ時から好きだったジュウザは、
結末のアニメオリジナル演出が素晴らしかったと同時に、
いかに彼が「魅力的で、ファンに愛される」キャラであるかが分かった。

普段は雲のように自由気ままで、
誰かに付き従わず面白おかしく生きたいけど、
それでも愛する者には尽くしたい。
そういう考えにすごく共感できるんだよね。
しかし、ユリアには振り向いてもらえず、
更に彼女とは腹違いの兄妹だったと知らされても、
最期は彼女のためにラオウと戦い、
命を散らしながらも一矢報いる活躍をした。

『北斗の拳』は愛に殉ずるキャラ達の生き様が見所だけど、
ジュウザは登場回数の少なさに反して、
強烈な印象を残すキャラだった。
「非情でかっこいい、漫画だからこその面白さ」だったらサウザーだけど、
「こんな生き方に憧れる」だったら、ジュウザかもしれない。
自由に楽しく生きたいけど、愛する者は大切にしたい。
イッパツマンの放夢ランも同じく、男女や善悪を問わず
いつでも愛に殉ずるキャラに心を動かされる。
スポンサーサイト



2 Comments

杉浦

オフラインで1人で遊べないゲームはあきらめます

雲のジュウザってなんであんなに人気があるキャラなんですか?
北斗の拳でなりたいキャラといえば
なぜか男性部門はジュウザが圧倒的人気なんですよね。

たっ君はラオウにあこがれているのにまわりの人間たちは即答で
「心配すんな。お前は120%サウザーだよ」と『必ず』言われます。
金髪だからというのもあるかもしけませんが
チョロちゃんがたぶん現実に近くにいたらたっ君のこと嫌いになるだろうな
と心配になることがあります。それはやっぱり
その理由が他人から見たたっ君という性格を一言で表すなら
『退かぬ 媚びぬ 省みぬ』(でも本当はさびしがりで妙に律儀)
という言葉がしっくりくるからサウザーみたいなやつといわれるの
で…つまりたっ君はそんな性格です。

たっ君が最近はチーム制のゲームが多いことについては
それにかんしてはモンハンのときからそういうの好きじゃないなー
と思っていてオンライン専用とか他人と協力プレイ専用のゲームは
どんなに興味があってもやらないです。
ゲームは必ず買い切り型できちんとオフラインで商品として
成立するものしか買わないです。どんなに興味があったり好きな
キャラでもです。
どんなにおいしそうでもアレルギー物質の多い料理は食べないようにするし
おもしろそうでも腰を痛めつけそうなアトラクションやアクティビティはあきらめるし
デザインが良くても首を締め付けるハイネックやかゆかゆが出る化繊の素材の服は買わないし
それはゲームも同じです。
チョロちゃんが1番好きな二次キャラがDIO様だそうですが
実は僕の少年時代から変わらない最愛の二次キャラは
FF7のセフィロス(僕の脳内では女性ということにしてる)なのですが
このたびスマホゲーで
セフィロスの過去が出てくるスマホゲーがスタートしたそうですが
これも僕は買い切りゲームではないしガチャゲーなので
どんなに興味があっても泣く泣く
あきらめています。
メーカーも社員が食べてくためには仕方なく買い切りよりガチャの
オンライン専用にするしかないのかもしれませんが…。

R・チョロ

R・チョロ

Re: オフラインで1人で遊べないゲームはあきらめます

私も初めは「何故、ジュウザはチョイ役なのにこんなに人気なんだろう?」
と思っていましたが、次第に彼の魅力に気がつきました。
ジュウザが人気がある理由はやはり、
普段は縛られずに生きたいけど愛する者には尽くしたい、
という考え方に共感・感動する人が多いからではないでしょうかね。

サウザーはむしろ一番好きなキャラですよ。
スピンオフのいちご味も良かったです。
「退かぬ 媚びぬ 省みぬ」な人……
良いじゃないですか!かっこいいです!
逆にラオウはあまりピンと来なかったですかね……
私は南斗の方が好きなキャラが多く、
北斗ではトキが一番好きですね。

モンハンは2004年にPS2で初代が発売され、
PSPから人気が爆発したシリーズですね。
プレイ時間1000時間超えが当たり前というので、
良く言えば長く遊べるゲームなのでしょうが、
海外では最近まで不人気だったと聞くように、
どうにも面倒臭そうなイメージがあり手を出せていません。

重要キャラの過去エピソードまで
ガチャゲーに盛り込むとは流石今のスクエニですねぇ😂
PSで好きだったゲーム『チョコボレーシング』の新作
『チョコボGP』もソシャゲ仕様で落胆したのを思い出します。

私はオンライン専用のゲームもしますが、
お金がかかるガチャゲーやPay to Winなゲームはやりませんし、
買い切りかつオフラインでも完結するゲームが理想というのは
確かにそうだと思います。
好きな物にお金をかけることを否定はしませんが、
実体のないデータに10万も20万も使いたいとは私は思えませんし、
DIO様も最近くじが良く発売されていますが
原価が高くて作り込まれており、
ランダム性がなく確実に手に入るグッズしか買っていません。
(本当はプライズも揃えたいのですがお財布が……)

  • 2024/02/15 (Thu) 21:23
  • REPLY