プラーズマー『ウルトラマンブレーザー』第18話「そびえ立つ恐怖」

汚染獣イルーゴがガスを撒き散らす🐍🐍

公式ヒロインのエミが主役のサブストーリーの続報。
ゲント隊長とブレーザーの関係を描く部分がメインストーリーであり、
この2つは根幹で繋がっていると考えれば分かりやすいと思う。

何故司令部はスカードのイルーゴ調査を制止したのか?
イルーゴがゲバルガに似た形態になっていたが両者の関係は?
エミと西崎勉が接触したことにドバシが反応した理由は?

今回の主な疑問点は以上の通りだけど、
家族が消失しているエミと
暖かい家族を持つゲント隊長の対比が秀でた話でもあった。
ゲント隊長の職務を知っても暖かく受け入れるサトコとジュン、
ゲント隊長はずっと大切にしないといけないね。

イルーゴ戦もアーくんがブレーザーのチルソナイトソードが
電気を纏っているところから発想を得て
プラズマクラスターの要領で空気を浄化するという攻略法が面白い。
武闘派のブレーザーと知性派のアーくん、という印象がついてきた。
しかしマイナスイオンという言葉、
一時期やたら流行ってて昔住んでた部屋でも
シャワーがこれ入りだと書かれてたけど
別に科学的根拠はなかったらしいね笑
スポンサーサイト



0 Comments

1 Trackbacks

この記事へのトラックバック
  •  実は家族の話でもある 「ウルトラマンブレーザー」第18話「そびえ立つ恐怖」第19話光と炎」
  •  豊橋ミケ(以下猫) 小夜ちゃんの予想、どうやら外れたみたいだにゃ。  九条小夜子(以下九) 認めたくないものだな、若さゆえの読み違いというものは。  猫 ありゃ、いいわけしにゃいのかにゃ?  九 第10話から始まったゲントとブレーザーの食い違いも第12話でケリがついちゃったみたいだもんね。そういうしかないよ。  話の流れはどうやら第14話で出てきた第66実験施設の事故やV99の謎の方に向か...
  • 2023.12.01 (Fri) 00:03 | 小夜ミケのネタころがし