『逆転イッパツマン』ランちゃんの恋を見守りたい

漫画やアニメでカップリングにハマることはそう多くないけど、
一押しなのは『逆転イッパツマン』の豪速九×ラン
って、実は何年も前から思ってるのに
まともに語るのはこれが初めてなんだよね😳

ここからは長いのと人を選ぶ話題なのと
古くても一応ネタバレなのとで追記に👇
性的な内容はないのでご安心を。
ランはタイムボカンシリーズで一番好きな女性キャラ。
とにかく性格に共感できるのに加えて、
現実的な女心の描き方苦労の度合いが半端じゃない。
彼女が愛する豪さんに褒められて照れたり、
恋敵が現れたと思い込んで沈む姿を見ると、
自分のことのように嬉しいし心が痛んでしまう。
特に豪とハルカが偽装結婚したと知った時の
ランは本当にかわいそうで……😢
それでも様々な困難に耐え抜く彼女が好きなんだよね。
そして、非力ながらも自分のすべきことを成し遂げる姿勢
最終話で命懸けでイッパツマンを守ろうとする姿は、
イッパツマンの敗北と共に二大名シーンに数えたい。
同様にヒーローを守る健気な子は何人も知っているけど、
現時点ではラン以上に琴線に触れたキャラには出会えていない。
そう考えると、女性キャラクターの括りでも一番好きかも。

友人の恋を応援するように、
ランが好きならその恋も自然と応援できた。
たとえ推しに好きな人がいたとしても、
相手にあまりにも問題がある、
人間関係がドロドロしている、
などにより応援できないケースもあるけど、
この場合はランが愛する豪は
至って規範的なヒーローであること、
恋敵に当たる同性もモブ・敵・年上の後輩(それも誤解)に
限られたのが大きかったね。
これで一人でも同じタイムリース社に
豪に恋い焦がれるレギュラーがいたら私的に厳しかった😅
ドロドロしていると応援できるものもできなくなってしまう。

豪もランを慮り優しくしてくれるけど、
彼は誰にでも公平な性格なので、
その裏に恋愛感情があるかは曖昧。
それでも22話などの描写を見ると明らかに意識している。
なのに、一向に告白しない
つまり、二人は恋人のようで恋人ではない
そんな関係がいつまでも続く。
更にこれまでのヒーロー・ヒロインと異なり、
基本的には別行動なのも不安因子……
だけど、そこが堪らなくイイ
傍から見れば両思いだけど、どこか不安で危なっかしい。
そもそも正式に付き合っているとも言い難い。
だからこそ陰から見守ってあげたくなるし、
一つ一つの意味が大きく感じられる。

二人の心情が作中で良く描かれること、
関係性がこの上なく美味しいこと、
何よりも個人的にランが大好きなことが
管理人が豪ランにハマっている大きなポイント。

豪とランが最終的にどうなったかは、
最終話ラストでヒゲノ部長が別れ際に
「豪くん、ランちゃん、幸せにな」と言ったのに対し、
ランは照れ豪は浮かない表情と言う
非常に曖昧な形で表現された。
これまでの流れを見ていれば
豪が何に対して反応していたかは分かるはずだけど、
その後『小説タイムボカン』逆転イッパツマン編(高山鬼一氏作)では
同様の場面があらすじの形で書き起こされており、
豪のヒゲノ部長との別れを惜しむ心情がより明確になっている。
つまり豪とランは恋人なのは語弊でも推測でもない、
とうに事実だと言うことがあのラストで暗示されている。
単に作中で描かれていないとも、
海外のように告白のステップを踏んでいないとも捉えられるね。
何はともあれ、正に紆余曲折あって
ランちゃんは豪さんと幸せになることができた
心から祝福したい👏

また、『小説タイムボカン』は
豪ラン推しなら絶対に読まなければならない!
些細な掘り下げや燃料ではない
最大級の事実が描かれているから……😍
詳しくはまた後ほど。
スポンサーサイト



4 Comments

名前

100%同感です!
正義側ペアは、オタスケマンまでは、わりとバカップル。
コヨミとワタルは、将来の結婚は決まっている。
豪さんとランちゃんは、惹かれあっていても「付き合ってる」までいかない。
三冠王では共に戦闘に参加するが、
サイキックウェーブで協力するハルカさんのほうが
関わりが深そうだし、何かと息が合う感じでもある。
そこに、シリーズ初の不安定な、だからこそ応援したくなる恋路がある!

そのへんの機微は、本放送を見た小学生の頃は全然わからず。
20代の頃に見なおしたときには、
豪さん、ランちゃんへの配慮が足りないよ、
もっと特別扱いしてあげてよ…
と思ってヤキモキしたものですが、
豪さんの倍以上の歳をとってから改めて見ると、
豪さんもまだ若いから、不器用なところもあるだろうし、
ハルカさんも上司だから無下にできないわけだし、
完璧な対応を求めてはいけないのかな…
いや、そのへんの不器用なところが、
それはそれで初々しくて、応援したくなるのかな、と思いました。

ところでいま、gyaoで、イッパツマンも無料配信中。9/16まで。

R・チョロ

R・チョロ

Re: タイトルなし

同意していただきありがとうございます✨
まったく貴方様の仰る通りです!

豪がランのことをあまり特別扱いできないのは、
彼の誰にでも公平な性格にあるのでしょうね。
この辺はオタスケマンのヒカルに似ていると思います。
(ナナとの約束よりも新人を構うことを優先したり)
ハルカ加入後はそれが一層目につく感じでした。
そして絶対に許せない偽装結婚……😡

でもだからこそこの二人が大好きなんですよ。
好きな人に素直に思いを伝えられ、
一喜一憂しながらも正しい心で頑張るランちゃんを見ていると、
自分の過去の経験を思い出し、
彼女に見習って次は成功させたいと思えるんです。

冬の新作漫画も嬉しかったですが、
今後もイッパツマンの展開があることを願っています。

名前

今日からgyaoで30話配信

改めて見て気づいたのですが、ランちゃんがイッパツマンに駆けよろうとすると、イッパツマンは「くるな!」って止めて、そのあと爆発するんです。
豪さんは、イッパツマンの機体が爆発するのを予期し、ランが巻き込まれるのを避けようとしたんですね。
この時の豪の配慮は、後に(31話のタネあかしで)ランにも伝わったはずです。でもきっと、近寄らないことが正しかったのだとわかっていても、あのとき駆け寄れなかったことには、気持ちの面での後悔が残ったのだと思います。
だからこそ、それが最終回の無謀な、しかし豪を救った行動につながったわけで、何度見ても、すごいアニメだなーと唸ります。

R・チョロ

R・チョロ

Re: 今日からgyaoで30話配信

既に完結している作品なのに
まだまだこんなに考察できるところがあるのが凄いですね!
私自身は忙しくてなかなか見れていませんが😱
どんな困難にあっても自分のことより愛する人を心から思う、
萌え狙いやドジっ子が行きすぎてない
ランちゃんのような奇跡のヒロインが
21世紀の作品にも存在していたら是非とも知りたいです。

オタスケマンの時点でその片鱗がありましたが、
キャラクターの心理が取り分け細かく描かれている
『イッパツマン』は本当に世代を問わずオススメできると思います。