科学忍者隊ガッチャマンFの感想 46~48話(終)


この記事の投稿から約半年……
遂に科学忍者隊ガッチャマンFまで完走!
ただ、ガッチャマンはタツノコの看板だけあって
まだまだOVAなどいろいろ出ているシリーズ。
でも、『クラウズ』は申し訳ないけど
放送当時キャラが受け入れられずすぐに切ってしまったので
現時点では見るか不明😱
ともかく最終3話の感想は追記からバード・ゴー🦅

平和を取り返すまで
1~5話の感想
6~10話の感想
11~15話の感想
16~20話の感想
21~25話の感想
26~30話の感想
31~35話の感想
36~40話の感想
41~45話の感想
『II』の感想
初代の感想

第46話「G1号決死のハイパワー」
ドラマメインで特に激しい場面はないもの、
その完成度が大変高いため見入ってしまう。
南部長官とレッドインパルスが
健の夢に現れる場面も素直に喜べる。
あと一発ハイパーシュートを使えば命が危ない健のために
命令を破る仲間達、
なんと言っても鉄獣撃退後のジョーのセリフに尽きた🤩
総裁Zがエゴボスラー様に無断で出動させた鉄獣がショボいのは
エゴボスラー様の支援を受けられていないからと言う考察にはハっとしたなぁ。
最後のエゴボスラー様の絶叫も心に響く……
彼はただ世界が欲しかっただけなのに😭

第47話「地球消滅!321・・・」
宇宙での忍者隊の戦い、
地上でのエゴボスラー様の行動、
そして忍者隊が総裁Zの中枢部に突入するまでが
本作最高峰の作画と演出で繰り広げられる。
特にジョーが被弾した時の表情と
健のバイザーに風景が映る演出🤩
この作画のクオリティを最初から最後まで維持できていれば、
後半の脚本の粗も多少霞んでいたと思うと残念だけど😓
健がジョーにお前が死ぬ覚悟なら
自分は生きる覚悟をすると言うところも素敵だったし、
総裁Zに死刑を宣告された
エゴボスラー様の決意もかっこよかった。
エゴボスラー様には生きていてほしかった……のに……

第48話「永遠のガッチャマン」
泣いても笑ってもこれでフィナーレ
最後まで主君に忠実であり続けた
メカンドルの凄惨すぎる最期
己の剣で貫かれて立ち往生するエゴボスラー様に涙を滲ませていたら、
忍者隊が生死不明のまま終わると言う
想像の斜め上を行くラストに😲
忍者隊はあのまま無事に帰ってくる可能性も
十分考えられるからともかく、
エゴボスラー様の最期は納得が行かない😣
47話であんなに熱いお膳立てをしてもらったのに、
呆気なく死んで忍者隊に一言声をかけられて終わり。
カッツェ様ほど悲劇的でもなければ
ゲルサドラ様のように感動的でもない、
実にぞんざいな扱いで最愛の母や
敬愛する先代ギャラクター首領達の下へ旅立ってしまった。
正直、このシリーズでエゴボスラー様が一番好みだったのもあり、
余計に不憫さのあまり泣けてきた。
それに彼は明かされていない謎も多かった。
あと4話続いていたら……ってタラレバばっかりだけど😓
作画や演出は最終話だけあって安心できるクオリティーだけど、
47話ほど目を見開くような箇所はなかったかもしれない。

昭和ガッチャマンシリーズの最終作に相応しいアニメだった。
……良くも悪くも😅
後に本作の良し悪しを簡潔に纏めた記事を投稿する予定😀
とにかく、当時の製作スタッフ・キャストの皆さんお疲れ様でした。
スポンサーサイト



2 Comments

livelifelimited

こんにちは。
自分は最終回まだ見てないのですが、47話の宇宙空間でのクオリティが大変良かったので、検索してました。
なかなかコメントしてる方いないみたいですね。
あのクオリティのために他の部分が手抜きになった感じ?ですかね。

  • 2023/10/13 (Fri) 17:47
  • REPLY
R・チョロ

R・チョロ

Re: タイトルなし

こんばんは。初めまして😃

ガッチャマンFは話も作画もバラつきが激しい作品でしたね。
良い時はそれは初代以上ですが悪い時は……
最後まで安定していた初代を観ていると、
見劣りがしてしまうのは否めなかったです。
アニメブームで人員が足りなかったのなら仕方ありませんが、
それでもタツノコプロの代表作なので、
もっと丁寧に製作してほしかったと思います。