Project街が復活!?懐かしのフラッシュチャット

ふとかの懐かしいFLASHチャットの名前で検索して、
タイトル通りの衝撃の事実を知ったのでブログを更新。
2000年代半ばにインターネットをしていた
当時10代~20代の方ならそれなりが知っているはず……

Project街とは、
一つの大きな仮想空間であるを舞台に、
2ch(現:5ch)のAAキャラクターをアバターとして操るFLASH。
各々の作者が制作したイベントが盛り込まれた
「街」を作ろうと言うコンセプトで始まり、
開かれた制作環境と発展性の高さがセールスポイントだったんだよね。
時間も現実世界とは異っていて、
プレイヤーを市民と呼ぶなど世界観が大切にされていた。
認知度はもなちゃとBARギコONLINEほどではなく、
3Dもなちゃとと呼ばれることもあったけど、
こちらも以前はもなちゃと・BARギコと共に
3大FLASHチャットと言える高い人気を誇っていたんだ。
続きは追記で。
アバターはモナーモララーギコしぃなどの
人気どころが余すところなく実装されており、
方向転換、ノシ、疑問、眠るのアクションを取ることが出来る。
ノシバイバイ👋のことだけど、今や死語だろうなぁ……
色替えも可能で、半透明にする小技もある。
アバターについては3月ウサギドクオなどの追加案もあり、
ドクオはクオリティの高いモデルやモーションが公開されたけど、
結局v4でもアバターの追加が行われることはなかった。
昭和レトロを意識されたマップも好評を博し、
もなちゃと以上にロールプレイが流行ったね。
ログイン後は必ずエントランスからスタートし、
他のマップで会話するにはアバターを操作する必要があったけど、
エントランスは古参が多かったことから
エントランス住人と言う言葉を生み出した。
それ以外のマップも人気が高く、
特にBAR OMAEMONAはロールプレイに向いていて、
居酒屋「はにゃ~ん」2階はスタンドマイクと座布団があり、
クイズ大会や結婚式などの一対多数のイベントにうってつけだった。
また、特定のNPCに話しかけるとゲームで遊ぶことも出来る。
ゲームではお金を入手することが出来て、
使い道は存在しないとは言え、
お金を溜めると言う楽しみ方もあった。
チャットとしては特に先進的な機能はなかったけど、
街誕生当初は個人サイト全盛期であり、
独特の世界観などで多くの市民に愛された。
中には4chan由来の外国人市民もいた。
2005年の年越しには市長が登場。
おどけた発言を全体に発信して
私や他の市民に突っ込まれていたのが懐かしいなぁ。

また、Project街は元々2chのFLASH・動画板のスレから始まった企画で、
当初は良識的な市民が殆どを占め、
実際に喧嘩やナンパなどが行われることは殆どなかった。
平和であることは市民も市長も何よりも望むことだけど、
知名度の上昇に伴い活気を増すことは
非常識な市民の絶対数も増すと言うことでもあり、
活気と平和の両立は困難である。
まだBARギコっぽいONLINEが誕生していなかった頃、
BARギコONLINEがサーバーダウンした際に
街にBARギコ難民が集まる光景が良く見られたけど、
市長がこれについて好意的だった一方、
全く異なるサイトであるにも関わらず避難所として宣伝されることや、
日頃から両方を行き来する市民などにより賛否両論だった。
また、もなちゃとやふみコミュニティで
街の宣伝が行われる行為が度々見られたことから、
次第に民度の低下を危惧する声が聞かれるようになった。
とは言え、市長による街の管理は徹底されており、
BARギコっぽいONLINE誕生後は避難所問題も解決した。

Wikiも消滅した2010年末にようやくv4が登場。
追加マップは既存のマップとはやや作風が異なっていたけど、
プロ街特有の独特な雰囲気は健在。
ただ、この頃には既にアメーバピグTwitterが登場していて、
私自身はこの頃には殆どプロ街には行っていなかったけど、
もなちゃとと同様に利用者が減少していったと思われる。
掲示板やお絵描き掲示板は2016年頃に閲覧不能になり、
v4も2017年頃にサーバーダウンしていた。
それ以降は辛うじてv3が稼働していて、
私は時々様子を見にきていたけど、
どの時間帯も街全体でほぼ無人と言う状況だった。
チャットはSNSや通話アプリ、
ゲームや動画もより適した発表の場が既に存在し、
モナーやギコなども現代の若者にとってはもはや身近ではない。
街はこのまま人知れず自然消滅するしかないのだろうか……と思われた。

しかし、2020年2月27日
突如v5のテストサーバーが公開。
スマートフォン向けの開発も行われているみたいだけど、
それ故かPCからの利用のみを前提に開発されていた
v4以前のグラフィックは使用されておらず、
実質的なリニューアルと言えるね。
確かに以前は携帯非対応でも問題なかったけど、
単なる個人サイトですらスマホ対応が求められる現代において
チャットに人を集めるならスマホ中心にUIを練り直す必要があり、
この辺りも多くのFLASHチャットが開発者に放置される原因と思われる。
そんな中で、見事に復活を遂げたProject街。
深夜帯でもそれなりの利用者がいるようで、今後の発展が期待されるね。
スポンサーサイト



4 Comments

-

ふとProject街を思い出し検索をしたら此方のブログが出てきました。
懐かしいです。
色々隠しエリアがあったり、エリアによって層が違ったり楽しかったですね。

  • 2021/01/21 (Thu) 08:10
  • REPLY
R・チョロ

R・チョロ

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます✨

本当に懐かしいですよね~!
私が最もよく行っていた時は小学生でした😄

復活したプロジェクト街も今は行けなくなってしまったようですが、
新しいエントランスの画像が公開されているので
また復活するかもしれませんね😃

  • 2021/01/21 (Thu) 21:41
  • REPLY

-

復活キボンヌ

  • 2024/01/06 (Sat) 00:35
  • REPLY
R・チョロ

R・チョロ

Re: 禿同

復活サイト、今はまた消えちゃったみたいですね😭

  • 2024/01/06 (Sat) 21:09
  • REPLY