ウルトラマン~不朽の名作

ウルトラマン』は説明不要、
大ヒット特撮『ウルトラQ』から続くウルトラシリーズの二作目として、
1966年7月17日に放送開始した特撮テレビドラマ。

主人公の科学特捜隊員ハヤタ
事故死させてしまったハヤタを救うために
彼と一心同体にになった巨大宇宙人のウルトラマンと、
地球防衛隊の科学特捜隊の活躍を描いた物語。
彼らは毎回個性的な怪獣や宇宙人に遭遇することになる。

2006年に視聴した『快獣ブースカ』は面白かったけれど、
こちらは長い間まともに全編を見たことがなかった。
しかし、最近遂に視聴する機会が訪れたので最後まで見届けた結果……
めちゃめちゃ面白かった!
世間の評価通りだと思ったね!
『ウルトラマン』でのウルトラマンは、
ハヤタ隊員がベーターカプセルを掲げて変身する存在である。
つまり毎回「宇宙から」やってくる訳ではないし、
怪獣を倒しても「宇宙に帰っていく」訳ではない。
これ「ウルトラマンはしゃべらない」と言うのと同じ全くの大間違いね(笑)
地球での活動時間は極わずかと設定されているように、
実際の登場シーンは短いものの、
挑発したり、早撃ち対決をしたり、馬乗りになったり、
くすぐり攻撃をしたり、あまり戦わず消火活動に努めたりと、
非常に多彩な行動をとってくれて見る者を飽きさせない。
そして、殆ど言葉を話さない宇宙人でありながらも、
親しみの持てる存在になっていた。

科学特捜隊の主なメンバーは少数であるが、
それ故に謹厳実直なムラマツ、真面目な常識人のハヤタ、
ムードーメーカーのイデ、イデにツッコむアラシ、
紅一点のフジ隊員と役割分担がしっかりしていた。
特にお気に入りなのはイデ隊員。
普段はお調子者のムードメーカーだからこそ、
22話での発言の数々が心に響いたね……

もちろん、彼らが戦う怪獣や宇宙人も、
内外共に非常に個性豊かで愛すべきキャラクターである。
怪獣はただ巨大で凶暴な猛獣だけでなく、
小さくて愛らしいピグモンや、大人しいシーボーズのようなものもいるし、
宇宙人も本作では少ないものの、それぞれ異なる形で地球に挑戦する。
また、ウルトラマンや科特隊は
表向きには地球を守る正義の味方であるものの、
よくよく見れば必ずしもそのようには描かれていないことが分かる。
バルタン星人は故郷の星が住めなくなったと言う
まっとうな理由で地球に移民しようとしていたと考えられるし、
ジラースやミイラ人間やゴモラなども、
人間の都合で平和を乱された哀れな存在である。
先ほども触れた22話「故郷は地球」や30話「まぼろしの雪山」では
人間の汚い部分を痛烈に描いているし、
15話「恐怖の宇宙線」に至っては、
ウルトラマンを子供の夢を壊す子供の敵のように描いており、
決して子供向けだからと言って手を抜いたり
一つの凝り固まった考えに囚われることなく、
広い視野を持って真摯に一つ一つの作品を作りこんでいると感じた。
他にも、ウルトラマンは既に地球に来ていたのか?
ノアの神の考察で末永く楽しませてくれる7話「バラージの青い石」、
抱腹絶倒ものの10話「宇宙から来た暴れん坊」、
植物怪人ケロニアの恐ろしさが良く表現された30話「来たのは誰だ」、
一見単純明快な内容ながら、
ザンボラーが人間の環境破壊に対する怒りを
自身も環境破壊することによって示すと言う、
この上なく説得力のある皮肉によって環境保護を訴える
32話「果てしなき逆襲」など、深く印象に残る回は数知れない。

物語は終盤に向けてクライマックスに突入。
暴力を好まない侵略者のメフィラス星人と
巨大フジ隊員が印象的な33話「禁じられた言葉」、
今では出来ないブラックジョーク入りのギャグ回の34話「空からの贈り物」、
シーボーズが可愛らしくて心温まる35話「怪獣墓場」、
アラシ隊員大活躍の36話「討つな!アラシ」、
ウルトラシリーズ全編に共通するテーマを描いた37話「小さな英雄」、
そして、最終回「さらばウルトラマン」は涙もの。
悪いと思ったところなんんて、殆ど思い浮かばないよ。
強いて言えば、主人公のハヤタが十分人間味のある人物とは言え、
イデなどの他の隊員に比べ印象が薄かったかもしれない。

技術、娯楽性、メッセージ性、キャラクター、
全てが完璧な正に文句なしの名作!
子供だけでなく大人でも大いに楽しめるだろう。
スポンサーサイト



29 Comments

-

初代ウルトラマンの怪獣で漫画や小説やゲームやステージも含めて、今まで一切再登場してない怪獣と言うと何がいるのですか?

  • 2021/08/17 (Tue) 21:52
  • REPLY
R・チョロ

R・チョロ

Re: タイトルなし

ウルトラマンには欠番は存在しませんし、
ゲームやステージなども含めると、
スペル星人のように出禁となった怪獣はいないと思います。
オリジナルは再登場していなくても
『パワード』でパワード版が登場していたり、
百体怪獣ベリュドラの構成怪獣になっていたり、
ジェロニモンも「酋長」の名により出しにくいと思いきや、
ノベライズに登場していたりと。
いずれも、円谷さん次第でまた出させてもらえるでしょう。
初代ウルトラマンに登場したと言うだけでも大きいですからね。

ただ、知名度トップのバルタン星人が
『マックス』以降の本編には
未だに登場していないのは気がかりですね🤔

  • 2021/08/17 (Tue) 22:37
  • REPLY

-

大体の人は昭和のテレビはウルトラマン80で終わり平成はウルトラマンティガから始まったといいますがグレートやパワードやネオスはどうなんですか?
また平成のウルトラマンの終わりは何ですか? 教えて下さい。
個人的にはニュージェネは昭和、平成に次ぐ第三者の区切りだと思っています。

  • 2021/08/20 (Fri) 09:05
  • REPLY

-

初代ウルトラマンの最終回についての疑問です 初代ウルトラマンの最終回といえば、ゼットンのインパクトやウルトラマンの敗北などばかり注目されていますが・・・
ラストでゾフィーの持ってきた携帯命
初代ウルトラマンの最終回についての疑問です
初代マンの最終回といえば、ゼットンのインパクトやウルトラマンの敗北などばかり注目されていますが・・・
ラストでゾフィーの持ってきた携帯命 のおかげで、ウルトラマンとハヤタは分離しました。
で、その後ハヤタにはウルトラマンが憑依していた間の記憶がありませんでした。
これは、どう解釈すべきなのか・・・
A・・・憑依していた間のハヤタの記憶をウルトラマンが消しただけ。
B・・・憑依していた間にハヤタの意識を支配していたのはウルトラマンだったから・・・
↑のどちらなのでしょか?
もし仮Aだった場合何故ウルトラマンはハヤタの記憶を消したのですか?
もし仮Bだったとしたらさらに疑問があります。
ジェロニモンの回で、ウルトラマンに頼って戦わないイデをハヤタがぶん殴って叱責しましたよね?
あれがハヤタの説教ならまだいいのですがウルトラマンの説教だったとしたらニュアンスがちょっと変わってくると思うんですよ。
「俺にばっか頼ってないでてめえも働けよ!」ってことですか?

  • 2021/08/20 (Fri) 09:11
  • REPLY
R・チョロ

R・チョロ

Re: タイトルなし

『グレート』『パワード』『ネオス』は
海外やOVで展開されたウルトラマンなので、
『ティガ』でテレビシリーズが再開されるまで
散発的に製作されたウルトラマンの位置づけだと思います。
『メビウス』はニュージェネには当たらないので、
一般的には『メビウス』が平成シリーズの最終作だと思います。
平成に放映された作品と言う意味では『R/B』が最終作ですね。

> ラストでゾフィーの持ってきた携帯命
いいところに注目しますね🙃
私も同じく気になります。
初代ウルトラマンとハヤタの意識の境界って曖昧なんですよね🤔
ハヤタの記憶をウルトラマンが消す必要性を感じないので、
私もBのような気がします。
ただ、完全に乗っ取られていたと言うよりは
ハヤタ本人が気づかないうちに
意識が同化していたのではないかと考えています。
その後の一体型ウルトラマンが
すぐウルトラマンに頼ろうとする
変身者を拒否する展開が多いのを考えると、
ウルトラマンがイデを叱責するのも自然な流れではないかと。

  • 2021/08/20 (Fri) 19:08
  • REPLY

-

仮面ライダークウガで復活してから毎年新作が作られシリーズ休止もなく続いている仮面ライダーシリーズ
一方でウルトラマンティガで復活しても休止があるウルトラマンシリーズ どうしてこの様違いがあるのですか?

  • 2021/09/01 (Wed) 16:23
  • REPLY
R・チョロ

R・チョロ

Re: タイトルなし

私は仮面ライダーには詳しくないのですが、
ライダーが基本的に4クールであることと、
ウルトラがニュージェネ以降は2クールである部分から
推して知るべしだと思います。

  • 2021/09/01 (Wed) 21:49
  • REPLY

-

かつてはウルトラマンの好敵手(ライバル)として様々な作品に出演していたバルタン星人ですが、最近とんと姿をみかけません。

今後、バルタン星人の復活はあるのでしょうか?

  • 2021/09/05 (Sun) 06:36
  • REPLY
R・チョロ

R・チョロ

Re: タイトルなし

『コスモス』や『マックス』で悪役のイメージが薄れたため
かえって使いづらくなっていると聞きますね🤔

ウルトラマンを代表する宇宙人なので
またテレビシリーズでも見られるといいですね。

  • 2021/09/05 (Sun) 14:15
  • REPLY

-

ウルトラマンのカラーについての質問ですが。
ウルトラマンには、なぜ緑色や黄色のウルトラマンがいないんですか? 昭和のウルトラマンは基本赤ばっかりで、平成になると青や紫、黒いウルトラマンが現れましたが、緑や黄色がいないですね。 ウルトラマンに緑色や黄色がいない理由ってあるんですか?

  • 2021/09/11 (Sat) 19:50
  • REPLY
R・チョロ

R・チョロ

Re: タイトルなし

緑のウルトラマンや怪獣がいないのは
グリーンバック合成が大変だからだそうです。
https://twitter.com/aws49t8evynpx7u/status/1234442362790633473
黄色はウルトラマンジードのフュージョンライズに存在するので、
そのうち基本黄色のウルトラマンが出てくる可能性はあります。

  • 2021/09/11 (Sat) 20:31
  • REPLY

-

俗に有名なM78星雲の設定である26万年前の太陽爆発、それに伴う人工太陽プラズマスパークの開発、そしてディファレーター光線によるウルトラ人への進化…これらの設定が番組で明らかにされたのはウルトラマンタロウ第25話ですが、実はこれが考え出されたのはそれよりもずっと前。なんと最初のウルトラマンが放送を終了した1967年には、既にこの設定は存在しています。同年にノーベル書房から出版されている『円谷怪獣のひみつ』という本で確認できます。

  • 2021/09/11 (Sat) 21:40
  • REPLY
R・チョロ

R・チョロ

Re: タイトルなし

そうなんですか!もっと最近の設定のイメージだったので驚きです!
私はアニメや特撮の関連書籍は
よっぽどその作品にのめり込んでいない限り買わないんですよね🤔
今のところタイムボカンシリーズのものだけですね。

  • 2021/09/12 (Sun) 10:34
  • REPLY

-

ウルトラマンに登場するどくろ怪獣レッドキングは赤くないのになぜレッド(赤)キングという名前がついているんですか?

赤いレッドキングもいます。
(パワードレッドキングやEXレッドキング)

  • 2021/09/16 (Thu) 15:25
  • REPLY

-

①ウルトラシリーズで、ウルトラマンティガ~コスモス迄の制作局がTBSから毎日放送(MBS)に変わったのは何故ですか?
また、ウルトラマンネクサス以降、制作局が毎日放送(MBS)から中部日本放送(CBC)に変わったのは何故ですか?
そして現在放送局がテレビ東京に変わったのですか?
② 昔のウルトラマンと今のウルトラマンはどっちが好きですか?
昔のウルトラマン
一年中楽しませてくれるが2、3年ブランクがあるなど安定しない。
今のウルトラマン
半年しかないが、毎年安定してたのしませてくれる。

僕は後者ですね。

  • 2021/09/16 (Thu) 16:46
  • REPLY
R・チョロ

R・チョロ

Re: タイトルなし

>レッドキング
メタ的な理由はよく知られていると思われますし、
そうでなくても調べていただければすぐにソースが見つかるので、
作品世界内の観点での推測を。

レッドキングの体色は赤ではないが、
凶暴性の高い怪獣であるため炎、血液、危険などを
連想させるレッドの色名が冠された。

>放送局
申し訳ありませんが分かりません。

>昔のウルトラマンと今のウルトラマン
昔のウルトラマンも好きですが、
私もどちらかと言うと今のウルトラマンでしょうかね?
好きな主題歌や怪獣は昭和のシリーズに多いのですが、
一つの作品としてはやはり昭和の時代らしい
行き当たりばったりな展開や
設定の矛盾が気になることがあるんですよね。
過去のウルトラマンが客演しても
ライブラリの管理がいい加減なのか音声が異なるのも残念です。
最近のウルトラマンでは少なくともそれらの問題は殆どなく、
映像が美しいのも含めて安心して見られます😃

  • 2021/09/16 (Thu) 20:58
  • REPLY

-

ウルトラマンの雑誌展開で、 「ゼットンを操っていたのはゾーフィという宇宙人」 という話になっていたと聞き、大変驚いたんですが どうしてこんな誤解になったのですか?

  • 2021/09/25 (Sat) 20:35
  • REPLY

-

ウルトラマンゼロ THE CHRONICLE →ジード(ゼロとベリアル登場)
ウルトラマンオーブ THE CHRONICLE →R/B(O50戦士とオーブダーク登場)
ウルトラマン ニュージェネレーションクロニクル →タイガ(ニュージェネ登場)
ウルトラマンクロニクル ZERO&GEED →Z(ゼロとジード登場)
ウルトラマン クロニクルZ ヒーローズオデッセイ →トリガー(内容が令和版ティガ&ゼット登場)

  • 2021/11/07 (Sun) 21:53
  • REPLY

-

どうして昭和のウルトラマンで○○シリーズよくやっていたのですか?
帰ってきたウルトラマン
冬の怪奇シリーズ 全2話
ウルトラマンA
夏の怪奇シリーズ 全3話
冬の怪奇シリーズ 全3話
ウルトラマンタロウ
日本の童謡から 全4話
ウルトラマンレオ
見よ! ウルトラ怪奇シリーズ 全5話
日本名作民話シリーズ! 全7話
恐怖の円盤生物シリーズ! 全12話

  • 2021/11/10 (Wed) 20:02
  • REPLY

-

ウルトラマンGとウルトラマンパワードとウルトラマンネオスとウルトラQ dark fantasy+とULTRASEVEN Xと大怪獣バトルと大怪獣バトルNEOと ネオ・ウルトラQでクロニクルは出来ますか?

-

ウルトラマンのテレビシリーズはウルトラマン80で終了してウルトラマンティガで復活するまで16年ブランクがありましたが、 ファンの間ではティガで16年ぶりに復活するまでほとんどのファンにウルトラマンは80で完全に 終わったと思われていたのでしょうか?多少時間は空いてもいずれウルトラマンは再開すると考えている人は少なかったのでしょうか?

  • 2021/11/17 (Wed) 20:20
  • REPLY

シシカゲ

どうして昔は年末年始にアニメや特撮をやっていたのですか?
ウルトラQ
1966年1月2日 1話 ゴメスを倒せ!
ウルトラマン
1967年1月1日 25話 怪彗星ツイフォン
ウルトラマンA
1972年12月29日 39話 セブンの命!エースの命!
ウルトラマンレオ
1975年1月3日 39話 レオ兄弟 ウルトラ兄弟 勝利の時
ウルトラマンコスモス
2001年12月29日 26話 カオスを倒す力
ウルトラマンマックス
2005年12月31日 27話 奪われたマックススパーク

R・チョロ

R・チョロ

Re: タイトルなし

いくつか迷惑コメント判定になっていたので
こちらを承認させていただきました。

ただ、こう言ったことは私も詳しくないので
基本的に管理人からの回答はないことをご容赦ください。
今でも鬼滅の刃 遊郭編などは
年明けすぐであるにも関わらず最新話を放映していましたし。

  • 2022/01/03 (Mon) 23:24
  • REPLY

-

関連書籍はどうして買わないのですか?

  • 2022/06/27 (Mon) 14:30
  • REPLY
R・チョロ

R・チョロ

Re: タイトルなし

そこまで聞かれても……

シシキバ

ウルトラマンの映画って昭和時代はTVシリーズの再編集+新規映像というものばかりだったが、当時のファンは完全新規の映画が見たかったのだろうか…?
完全新規の映画は平成のゼアスからだけど…

  • 2024/03/01 (Fri) 22:28
  • REPLY
R・チョロ

R・チョロ

Re: タイトルなし

個人的な考えですが、
あの時代(60年代~80年代前半)はテレビシリーズに対する
オリジナルストーリーの劇場版自体が
ほとんどなかった印象なので、
当時のファンはそれであまり気にしなかったのかもしれません。

シシキバ

ウルトラマンってネクサス以降はカラオケで映像入ってないんだよねえ。
なんでだろう?
ちなみに仮面ライダーやスーパー戦隊やガンダムやプリキュアは現行の本編映像は入っていますね。

  • 2024/05/06 (Mon) 13:21
  • REPLY

シシキバ

初代ウルトラマンの顔はAタイプ・Bタイプ・Cタイプとありますが、何故AタイプとBタイプとCタイプが作られたんですか?

  • 2024/05/08 (Wed) 20:11
  • REPLY