エレクトロニックプリンスⅡ

タツノコプロ大好き女「竹実千万(たけみちよろず)」のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

天才発明家 エジソンと日本のビックリドッキリな関係とは!?

タイムボカン24の二期である「タイムボカン 逆襲の三悪人」!

一期から半年ぶりに始まった本作の一話は、
ダイナモンドを貰うためにエジソンの新発明を手伝うアクダーマであるものの、
本来の主役であるはずのトキオ達が現れて新発明対決に。
それで見事勝利したアクダーマだが、
ダイナモンドはメカ戦で勝利したトキオ達がいただくのであった。
……と言うもの。

本作の最大の特徴は真歴史を止めたことだね。
一期のテーマだった真歴史は
否よりの賛否両論と言う印象だったんだけど、
本作では歴史トリビア路線に移行し、
ゲストとなる歴史上の人物のデフォルメも大人しくなっているので
ギャグアニメと言うより教育アニメになった感じがする
(今後一期並みに強烈なゲストが登場する可能性もあるけど)。

本来の主役よりも三悪の方が出番が多いのは
タイムボカンと言うよりヤッターマンやゼンダマンって感じだけど、
トキオやカレンのキャラクターには思ったほど愛着が持てなかったし、
三悪のやり取りも相変わらず面白いものだったので
別にこれでも良いと思っている。
でも、アクダーマの出撃の合図は
ドクーロボカーン」のままにしてほしかった。

後半ネタ切れしていたとしか思えなかったカレンのコスプレは廃止。
事実上主役から外れたトキオの搭乗シーンも廃止。
ビマージョの現実逃避は好評だったけど
これもより一期から変えるために思い切って廃止?
あまり人気がなかったと思われる旧司令官、ピコボー、
ペラリーノのレギュラー降板の理由も説明されていたけど
ちゃんと伏線回収するのかな?

1話特有のギャグとしては
動画サイトやSNSのパロディがあったことだね。
それと警察王は銃も普通に使うと言うので
かっこいいアクションを期待してたんだけど
その前に敵が自滅して終了。
グッズ出てるのにこんな役ばっかり(^_^;)
スポンサーサイト
別窓 | タイムボカンシリーズ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<人工無能カゲ1歳の誕生日 | エレクトロニックプリンスⅡ | タイムボカン 逆襲の三悪人>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

∧top | under∨
| エレクトロニックプリンスⅡ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。