エレクトロニックプリンスⅡ

タツノコプロ大好き女「竹実千万(たけみちよろず)」のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

とんでも戦士ムテキングのテコ入れ

とんでも戦士ムテキングは全56話
通常の4クールのアニメよりもやや長めに放映された作品だけど、
タイムボカンシリーズ同様一話完結でストーリーも形式的だったね。
過程の面白さは申し分ないけど、
やっぱりいつも同じ流れでは制作側としても飽きると思う。
52話とかはあえて戦闘なしの方が良かったと思うし。
だから当然何度かテコ入れがなされた訳だけど、
ムテキングの場合はそれがかなり多い気がするね。
パッと思い付くだけでもこれだけあるよw

1.クロダコブラザーズがタコのままメカに乗り込むように
2.段々規模が小さくなるクロダコブラザーズの悪だくみ
3.舞台がヨンフランシスコから日本の東京へ
4.↑の際サニーだけ置いてけぼりにされ55話まで再登場せず
5.キャスターマンのキャラも日本に合わせたものに変更
6.クロダコブラザーズ敗北の演出が花火から体文字に
7.ホットケソーサーの救援がシリアス玉から救援玉に
8.唐突に現れ唐突に消された5匹の観客

1…私としてはクロダコブラザーズのヒト型はどれも嫌いなので良判断。
51話のタコサクみたいにしろとまでは言わないけどさ……

2…後半は殆どタコローの邪魔をする程度になっていたね。
無理のあるこじ付けばかりだったけど
一応目的に沿ったものだったし悪くないんじゃないかな。
同時にオチがついてないと言った
視聴後にモヤモヤが残るような回が増えてしまったけど、
それとこれとは関係ないと思うし。

3…アメコミっぽさは薄れたかもしれないけど
私はそれにはこだわってないから別にどっちでも良い。
リンのガールフレンドも日本の子の方がかわいいし。
でもなんでヨンフランシスコはもじってるのに日本はそのままなの?

4…これだけは絶対に許せないね。
サニーも善玉では小晴に並んで好感が持てるキャラなのに。
せめてミッチーも連れて行ってほしかった#

5…舞台が変わったんだから妥当としか。
キャスターマンにこれと言ったこだわりは持ってない。

6…クロダコブラザーズの大ファンとしては断然体文字だね。
特に53話では一人ずつやられるクロダコの場面を盛り上げていた。

7…より頼もしくなった代わりに面白味がなくなってしまったね。
確かに何がシリアスなのか分からないし効果も良く分からなかったけど
それも良いお約束だと思っていたんだけどな~。

8…私は結構好きっだったんだけどなぁ。

ムテキングはまだまだ語れることがあるよ。
スポンサーサイト
別窓 | タツノコ関連 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<タイムボカン 逆襲の三悪人 | エレクトロニックプリンスⅡ | とんでも戦士ムテキングの主役メカ>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

∧top | under∨
| エレクトロニックプリンスⅡ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。