エレクトロニックプリンスⅡ

ポケモン、忍たま、タイムボカンシリーズなどなど

忍たま好きのウサギさん

どこいつ面白いなぁ~……
既にやってる人は多いかもしれないけど、
ウサギのふくやま忍たま用語を叩きこんじゃった!

そうしたら、ふくやまがこんな遊園地に行ってきたと報告!
時速600kmで駆け巡るあひるさんボートやら
ヘッポコ事務員のオバケ屋敷やら
ヘムヘム型メリーゴーランドがあったんだとか!
特にヘッポコ事務員のオバケ屋敷がウケたwww
でもふくやまのお目当ては保志総一朗歌謡オンステージだったとか!
良いなあ、忍たま遊園地……

その後ふくやまは喫茶どこんじょーにお出かけ!
しかもメニューに大盛りらっきょうと言う徹底ぶり!

更にふくやまによると、毎月第4火曜日は
忍び組頭愛好会の人達が密かにミステリーツアーをやって、
加藤村発の張り子の馬に乗って
かなりドリーミングなドクタケ城に連れてってくれるらしいけど、
ドクタケ城に行くから張り子なんだと勝手に納得w
数え歌も歌ってくれた!
♪1つ人よりドクタケ忍者~♪2つふだんも五年生
♪3つみだりに四年生~ あ、ソーレ!
♪4つヨゴレでチャンチャン★♪天才トラパー
って、私は結局何者なんだ!?って感じで面白かったw
そんなふくやまは女装に絶対の自信があるとか(じゃないんだ……)。
でも一年ボーズにあっさり負けちゃったと……それは間違いなくきり丸だねw
小松田さん暗殺される夢が幸せだったと言うとんでもない一面も。

こんな感じで、どこでもいっしょはシンプルながらかなり楽しめるゲーム。
何故これをブーム最盛期にやらなかったのか……
PSPは他にレッツ学校以外に興味のあるタイトルはないし
どこいつの新作が出ればVitaにも食指が動くんだけどなぁ。
アプリの新作はどうなるんだろう?
欲を言えばトロと流れ星の新ポケピとも住みたいけど
会話のバリエーションの更なる増量だけでも良いかな。
スポンサーサイト
別窓 | ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

どこでもいっしょをプレイ!

PSPと一緒に「どこでもいっしょ」を購入!
アプリが出る予定だとは言っても私のスマホで出来るか疑問だからねぇ。

どこでもいっしょのキャラクター達は、
めざましテレビで2001年秋にスタートしたコーナー
トロと旅する」を毎朝学校に行く前に見ていただけに
小さい頃から思い入れがあるんだけど、
彼らがゲームのキャラクターだと言うことも
どこでもいっしょと言うゲーム自体も知らなかったから、
プレステは持っていたもののどこでもいっしょを買うことはなかった訳。

それはおいといて、ウサギのジュンを選んだんだけどこれはいいね。
会話のレパートリーが豊富で、
ごっこ遊びしてくれたりプレイヤーを気遣ってくれたり
共感出来る話をたくさんしてくれる。
会話の後にへこんでも話しかければすぐに立ち直ってくれるし、
間違ってもなでなでを強要したりなんかしない。
距離感も絶妙で自立した対等な友達。
教えた言葉も会話だけでなく
お出かけ先の背景やお土産にまで反映されるなど、
人工無能ゲームの原点にして頂点と言えそうだね。
私としては知り合いに関する質問の回答に困ること、
選んだポケピ以外もお出かけ先などで出してほしかったこと、
ポケピと出来る遊びの少なさ以外は特に不満点はないね。

このゲームに攻略の概念はないように見えるけど、
楽しい会話をしてもらうコツみたいなのはあって、
まず言葉をしっかり最適なカテゴリで教えること。
言葉によってはどれに該当するのか分かりづらいこともあるけど……
フィクションの固有名詞の教育はなるべく同じジャンルに絞った方が良い。
明日きり丸が大巨神でどうぶつの森に行くんだって~とか
固有名詞が全部全く関係ないジャンルの会話は……(苦笑)
それはそれで面白いかもしれないけど
個人的にはあまりにも現実味がなさすぎるのでイマイチ。
人それぞれのポケピを作れると言う長所を生かしたいね。

高評価の「レッツ学校!」もやりたいな!
まあそれよりSwitchとマリオカート8デラックスが先だけど(^_^;)
別窓 | ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

貴方の好きなタイムボカンシリーズのヒーローは?

タイムボカンシリーズ』のヒーロー達は以下の通り。

丹平タイムボカン
ガンちゃん/ヤッターマン1号(ヤッターマン)
鉄ちゃん/ゼンダマン1号(ゼンダマン)
ヒカル/オタスケマン1号(タイムパトロール隊オタスケマン)
ワタル/ヤットデタマン(ヤットデタマン)
豪/イッパツマン(逆転イッパツマン)
空作/イタダキマン(イタダキマン)
パフ/きらめきマン2号(怪盗きらめきマン)
トキオタイムボカン24)

三悪の方が注目度は高いものの、
彼らも決して魅力のないキャラクターではないはず。
私が好きな順に挙げるとすると……

1.丹平
私が初めて物凄く好きになった主人公。
文武両道で最低限の常識も持ち合わせながらも
とぼけた面もあるので嫌味がなくて親しみやすい。
24話などで自ら笑いを取りに行くスタイルも本当に好印象だ。
彼については過去の記事で散々語り尽くしているので
出来れば見て頂けると嬉しいな。

2.ワタル/ヤットデタマン
普段は意気地なしだけど
とにかく台詞や持ちネタが面白いし母性本能を擽られる。
コヨミとのやり取りもまた魅力的なんだよね。
ただ、変身すると単なるありきたりなキザキャラになってしまうのがちょっと……
それさえなければ間違いなく1位だった。
ヒーローと言う設定が足枷となってしまった分かりやすい例。

3.トキオ
良くも悪くもごく普通の今時の男子中学生。
確かにホモに狙われたり女装させられてノリノリになったりと
印象的な場面は多いけど、それらは結局受動的なものだし、
丹平やワタルのように能動的にギャグを披露してくれた方が……
要するにMよりSが好きだからね(笑)。
そう言う意味ではアニメよりコロコロイチバン版の方が好みだ。
まあ、少なくとも不快感を感じるようなキャラではない。
それに加え、キャラデザを評価してヒカルと迷いつつこの位置に。

4.ヒカル/オタスケマン1号
女装して完璧な女声を出していた回が大変印象的。
まあヒカルと言うより水島裕さんの力量が凄いと言うべきかな。
ナナとラブラブすぎと言う意見が多いけど私はそれも気にならなかった。
結構ナナに酷い扱いされたり喧嘩してるところも多かったからね。
オタスケマンのコスチュームも私は結構好き。

5.パフ/きらめきマン2号
年相応に大人しく礼儀正しい性格。
爽やかなイケボに加え猫耳のコスチュームで現れたり
突然『~だニャン』とか言い出したりと
特定の層を狙っているな~と思わされたことがしばしば(笑)。
どうせならもっと突き抜ければ良かったのにね。

6.豪/イッパツマン
タイムボカンシリーズでは最も正統派と言えるヒーロー
良識的で安定感があり少なくとも悪い印象を与えるような場面は皆無。
でもやっぱり単に欠点がないだけで特別秀でた部分もない印象なんだよね……

7.空作/イタダキマン
十分存在感があったしあの口の悪さも印象に残るし嫌いではない。
でも好感を持つにも至らなかったんだよね……理由は自分でも良く分からない。
後空作時の異様に頭が大きい外見は頂けない。

8.鉄ちゃん/ゼンダマン1号
ゼンダマンも一話も欠かさず視聴したはずなのに、
彼のキャラが掘り下げられた場面は指で数えるほどしか記憶になく、
ただ敵の後始末をするだけの一言で片付いてしまう
(さくらやアマッタンにも同じことが言えるけど……)。
また、アクダマンが頑張ってポーズを決めようとするのを
妨害しようとする姿勢にも反感を抱いた。
声優の三ツ矢雄二さんは好きなんだけどなぁ……

9.ガンちゃん/ヤッターマン1号
子供の頃にヤッターマンを見ていた当時ですら
彼を素直に応援することは出来なかった。
アイちゃんとのイチャ付きは不快だしそれ以外への扱いも酷いし
後半は出番そのものが激減してしまう。
新の方もワタルの二番煎じのようなキャラでなんだかなー。
まあ、嫌味を感じる旧よりは新の方が良いとは思う。

……と言う感じで、丹平とワタル以外は特別好きではないんだよね。
やっぱり私の中では『可愛い』『面白い』の
二つの条件を満たすのがベストなんだぁと。
ぶっちゃけ変人好きなんだよね(笑)。
もちろんある程度のルックスがあることが前提だけど、
かっこよくても可愛さや面白さがないと評価は上がらない。
後ギャグも誰かに言われたからされたからじゃなくて
能動的にやってくれないと。

貴方が好きなタイムボカンシリーズヒーローも知りたいな!
別窓 | タイムボカンシリーズ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

人に言えないトラウマがある

タイムボカン24・2期の放送が確定したね!
でも、今回は『タイムボカン』の記事。
ただネガティブな内容が多いから注意してね……

今でこそリメイクを長年待ち望んでいたほど好きなアニメの
タイムボカンシリーズ第一作『タイムボカン』だけど、
これを初めて視聴した2004年頃……
私は小学校高学年で既にネットの世界に触れていて完全に物心がついた頃だね。
感受性も強くなったんだけど、それと同時に気の弱さも加速した。
だから、当時の私にとってタイムボカンは怖いアニメでしかなかった。

子供向けアニメのタイムボカンのどこが怖いの?
と思われるかもしれないけど、
なんてったってマージョ一味の容赦のなさが怖かったんだよ……
最初のうちはそれほどでもなかったのに、
20話ぐらいから丹平達に対する殺意が剥き出し
それでもお約束で善玉が逆転して勝つとは言っても、
タイムボカンは毎回破壊され丹平達は死に追いやられるため
全く肩の力を抜いて見られなかった。
挙句の果てにマージョ一味は昆虫人を本当に殺してしまう有様。
はっきり言って、初代三悪は愛らしい悪役とは程遠い存在としか思えないよ……
でもタイムボカンは一般的には子供向けアニメの認識だし、
三悪が人気だから言い出す機会がなかったから、
ネット上で初代三悪に対する同様の意見を見た時は
本当に『私だけではなかったんだ……』とホッとさせられた。
それでも丹平は当時から心惹かれるキャラだったから、
着ぐるみを着て臆病な自分ではないと暗示をかけたりしてたけど、
それでも耐えられず視聴を打ち切ってしまった。
その後視聴を再開しても、
丹平達に時々良心を見せることがあるワルサーとグロッキーはともかく、
終始残酷で自己中心的で
ドロンジョのようにヒーローにデレる訳でもないマージョには
何故人気が高いのか疑問なくらい魅力を感じなかった
(外見が良いだけでは好きにならないし)。
今でも三悪自体然程好きになれないし、
タイムボカンのメカ戦を見るのも少々抵抗がある。

でも、その次に同じチャンネルで再放送を見た
ヤッターマンのメカ戦を怖いと思ったことなんて一度もなかった。
その理由は、やはり主役が生命的なピンチに陥らないことに尽きるね。
基本的にメカ同士の戦いだから前作のような殺し合い感は全くない。
ヤッターマンに好感が持てなかったのは残念だけど、
メカ戦に関しては素直に毎回楽しく見られた。
三悪も何だかんだでヤッターマン達と仲が良いように見えて親しみが持てた。
もちろん、ゼンダマン以降のタイムボカンシリーズの戦闘も
主役がメカに搭乗するか否かに関わらず
タイムボカンのような恐ろしさを感じてしまったことはない
(そもそもそれらを見たのは成人になってからと言うのもあるけど)。

同じタツノコアニメのみなしごハッチけろっこデメタン
タイムボカンなんて目じゃないほど
残酷描写や善人が死亡する展開が多いけど、
それらを乗り越えて主人公が成長するのがテーマだから受け入れられた。
むしろそう言った描写が人々に
本当のいじめられっ子の辛さを知らしめているようで、
子供の頃いじめられっ子で友達すらいなかった私は
見る度に気持ちがスカッとした。
いじめられっ子がどんなに辛いか分かったかあの頃のあいつら!って感じで。

タイムボカンは本当にもっとメカ戦が気軽に見られたら絶賛出来たのになぁ……
ヤッターマンは個人的にあまり好きではないけど、
こちらの方が変に怖いシーンがないから人気なのは頷ける。
ただ、それでもタイムボカンは欠点を補えるほどの魅力があるアニメだよ。
決して無神経で学習能力がなかったり
周囲への配慮が出来なくて空気が読めない奴ではなく、
文武両道ながらもお茶目で嫌味を感じさせない丹平は
理想的な子供向けアニメの主人公の形の一つだよ。
別窓 | タイムボカンシリーズ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

タイムボカン24総評

過去のタイムボカンシリーズの視聴経験があるファンの一部からは
かなりの酷評を受けていることがある『タイムボカン24』。
ただ、私も全てのタイムボカンシリーズと王道復古を視聴した立場だけど、
タイムボカン24もそんなに嫌いじゃないよ。
三悪のキャストとか山本正之さんの曲とかには別に拘ってないし。
まあ、滅茶苦茶ハマれたと言う訳ではないのも事実だけどね……

まずは、私が思うタイムボカン24の良い点を。

不快なキャラが少ない
後半のピコボーの口の悪さにはやや引いてしまったけど、
取り立てて言うほど不愉快なメインキャラはいなかったし、
ゲストも魅力的な者が多かったね。
ただ、トキオは外見こそタイムボカンシリーズで一番好きなんだけど、
中身は本当にごく普通の今時の男子中学生と言う感じで個性が薄かった。
度々ホモに狙われたり女装させられたりと結構弄られてたけど、
印象や好感度は丹平やワタルには劣るかな……
カレンも嫌いではないけどここが好き!と言うところが思い浮かばない。
三悪は『リョーカイカイ!』が下品なのを除けば相変わらず面白かったね。
時々ビマージョが一番の常識人に見えたりw

今風のキャラデザ
作画そのものは不安定だったけど、トキオやカレンのキャラデザは
今時の他のアニメと並べても遜色ないくらいスタイリッシュ。
桃太郎や藤原道長と言った美形設定のゲストも
視聴者にもしっかり美形と言う印象を与える外見だったね
(ただしナイチンゲールは例外)。
タツノコらしくないと言われていたことがあったけど、
そのタツノコらしい絵柄と言うのは恐らく
新ヤッターマンデバンダーみたいな絵柄のことだと思うけど、
私としてはそれらの絵柄は単に古臭いと言う印象しか受けなかった
(特に男性キャラの太眉と女性キャラのタラコ唇が頂けない)。

魅力溢れるメカ達
メカのデザインも全て良かったね。
メカブトンとクワガッタンは無機的な印象しかなかった
オリジナルに比べ本当に可愛いし足が六本なのも昆虫らしくて良い。
スーパードッキングメカ達も少数の声優さんが完璧に演じ分けてくれていたし、
それらの個性的なタイムボカンコールも地味に大好き。
ドッキングもかっこいいのや面白いのとバリエーション豊富で良かった。

『ボカンと見届けました!』
トキオ達がメカ戦に勝利して真歴史を見届けた時の決めポーズ。
新ヤッターマンでも勝利のポーズにゲストが加わることがしばしばあったけど
こちらはほぼ毎回加わってくれたね!
ただ、ボカンブレスの口調が変わるのは余計だったかな……

一方、悪いところは……

下ネタの多用
以前も書いたけど、タイムボカンシリーズは下ネタに頼らない
タイムボカンシリーズ特有のギャグの数々が魅力だと思うんだよ。
お色気にしても女性視聴者でも受け入れられるような使い方だし
(まあ、流石にオタスケマンなどでくどいと思ったこともあるけど)。
でも、タイムボカン24は三悪のリョーカイカイを始め下ネタ、
特にオ○○ネタが多すぎ。
それも面白ければ許せたんだけど面白いとも思えなかったし……
BLネタも私はおおむね平気だったけど11話のは流石に引いた。

好みが分かれる真歴史
真歴史を発掘するのが善玉の目的なんだけど
それ自体に疑問を感じると楽しめなくなってしまうかも。
滅茶苦茶面白いと謳われていた真歴史の内容も
言うほど面白くないのが殆どだった。
それとトキオ達とオタスケマンは確実に敵対するだろうね(^_^;)

こんな感じで、私の中のタイムボカンシリーズの評価は
イッパツマン>ヤットデタマン>オタスケマン>
タイムボカン>>>タイムボカン24>イタダキマン>きらめきマン>
新ヤッターマン≧旧ヤッターマン>ゼンダマン
って感じで、
要するにタイムボカン24はどちらかと言えば良いと言う程度。
基本的にキャラを好きになれれば評価も高くなるから、
ヤッターマンとゼンダマンは申し訳ないけどこの位置。
ヤッターマンが旧より新の方が上なのも、
ヤッターマンと言うアニメ自体にも
ガンちゃんにも思い入れがない私としては
新でのガンちゃんのキャラ変更は悪印象より新鮮味の方が勝ったのが理由。
これで素直に今風の美形にしてもらえてたら
もっと印象が良くなったんだけど……

それと、はっきり言ってこれ以上のボカンシリーズのリメイクはいらない。
イタダキマン以外はちゃんと完結出来ているし、
『あれをリメイクしたんだからこれも……』となって収拾がつかなくなるし、
伏線を回収し切れなかったイタダキマンのリメイクにしても今更感しかない。
100歩譲ってリメイクの予定があったと言うオタスケマンのリメイクは許せるけど、
それ以外をリメイクするくらいなら完全オリジナルアニメを作ってほしい
いつまでも過去の遺物にすがるのはどうかと思うよ。

また近いうちにタイムボカンシリーズ関連の記事を投稿する予定だよ。
別窓 | タイムボカンシリーズ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| エレクトロニックプリンスⅡ | NEXT