PS4『ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン』第1章:スターダストクルセイダース

前回は触りだけだった『ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン』を
本格的に初めていこう。

PS4ゲームでは×キャンセル◯決定に戻るので、
何度も間違えてタイトルに戻ってしまったけど、
恐らく参戦キャラ全員分あるのではないかという
タイトルコールのバリエーションの豊富さ。
しかも初回はマライアで2回目はホル・ホース
管理人の趣味を見透かしているのだろうか笑

そして、最初に始めるモードはもちろんストーリーモード
一番最初の項目でパッケージ裏にも強調されており、
恐らく大多数のプレイヤーが最初に触れたのではないか。

原作のIFを楽しめることがセールスポイントで、
原作の内容を忘れている人向けに
3部の大まかなあらすじから始まる。
豪華声優陣の演技と、
『ASB』の反省で全編が作り込まれたムービーは神がかり✨

……問題は、最初に戦う相手がDIO様であること。
SHARE_20240219_0133530.jpg
SHARE_20240219_0133561.jpg
上にも書いた様に、
恐らくほとんどのプレイヤーが買ってきて最初に選ぶモードなので、
そんなプレイヤーが操る承太郎は当然
ラバーズの足元にも届かない正真正銘の最弱のスタンド使いである。
なのに、DIO様はそんな承太郎に倒されてしまう……
てめーは俺を怒らせた
PS2ファントムブラッドのように
最初から全力の初見殺しなのもどうかと思うし、
ストーリー上仕方ないんだろうけど、
タダでさえ原作でも悔しくて見られないシーンなのに
弱々承太郎に否応なくDIO様が倒されるなんて
余計に悔しいことこの上ない!

初っ端から最推しのイメージダウンを食らってしまったものの、
本編はここからなので気を取り直して。
SHARE_20240219_0142120.jpg
SHARE_20240219_0142141.jpg

その後、承太郎はDIO様の日記を発見。
その中身は天国に行く方法について記された物で、
承太郎はそれを読むなり焼却した。
しかし、何か心残りがある模様。
18dc1a1d80f59-screenshotUrl.jpg
空港のシーンではスピードワゴンが登場。
原作でも当初は敵役だったので、
プレイヤーはどの立場でも彼の敵味方を判別できず、
こう言ったキャラの使い方は評価すべきだね。
SHARE_20240219_0142173.jpeg
そして、状況が掴めないまま
アヴドゥル&イギーが襲いかかってくる。
こちらにも選択可能なパートナーが加わった上で、
このゲームのメインである2on2に。

しかしタイマンでは問題なかったのに、
2on2になった途端に作り込みの甘さが目立ってしまう。
初めのうちは3Dになったスマブラみたいで楽しいけど、
ロックオンが勝手に遠くの敵に切り替わるのがイライラするし、
カメラに柔軟性がなくジャンプして届くのか届かないのか分かりにくい。
落下のあるステージでは敵を場外に吹っ飛ばして
大ダメージを食らわせ続けるのが主な攻略法になる、
がそれ自体がジョジョらしくない。
声優や演出などのビジュアル面は完璧なので、
それに大分救われている感じだね。
(ファントムブラッドもそうなんだけど……)

イギーはいつの間にか場外でリタイア、
アヴドゥルは原作通り攻撃が厄介だったがこちらも撃破。
SHARE_20240219_0151232.jpeg
SHARE_20240219_0151253.jpeg
3戦目は何故か全く接点のない花京院とンドゥールが
アヴドゥル・イギーと同じくあの方の命令で襲撃。
今回は原作序盤と異なり敵対しないまま加入するポルナレフを使っていた。
スタクルでは一番のオキニなのもあるし、
やっぱり剣を使うスタイルはとっつきやすい。

彼らを撃破するとンドゥールは逃走するものの、
花京院は空港でも出会ったスピードワゴンが
聖なる遺体を使って正気に戻させた。
聖なる遺体は7部に登場したキーアイテムで、
スピードワゴンは遺体に導かれてこの時代に来たらしい。
スピードワゴンがいた時代に異変が起こっており、
死んだはずの人物が生き返っているのも
異変のせいだとかいろいろ聞かされて、
遺体をあと8つを集めることもゲームの目的になり、
ここからは探索パートも入るようになる。

複数の部の要素が違和感なく絡み合っているのもいいけど、
探索パートの強敵エリアのアヴドゥル&ンドゥールが本当の初見殺し
全く勝ち目がないまま無駄に時間を浪費してしまった。
プレイヤーキャラを強化できる要素があるから
それからだったんだろうな。

探索パートで2つ目の聖なる遺体を見つけると、
聖なる遺体が起こす光のヒビから別の時代に行けるようになる。
そして、ポルナレフがニヤニヤしていた理由を語る。
SHARE_20240219_0203540.jpg
SHARE_20240219_0204182.jpg
SHARE_20240219_0204161.jpg
本当にこれ!

『ジョジョ』はそのキャラがストーリー上の善悪、
やり残したことがあるかどうか関係なく
死んでしまうことがあるところについては
はっきり言えばイヤなんだよね……
それをたとえゲームだろうともし生存していたらを見られるのはすごく嬉しい。
それに荒木先生監修!

そして、第1章「スターダストクルセイダース」は終了。
SHARE_20240219_0204193.jpg
スポンサーサイト



我が家のPS5はジョジョ専用機です

サムネイルにしなくてもそのまま画像へのリンクを貼り付ければ
環境に合わせて自動で縮小してくれることに
FC2ブログ歴12年でやっと気づいたので。
アイズオブヘブンタイトル
これはPS4ソフト『ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン』を
最近ようやく買えたPS5で起動した画像。
最近リメイクされたのは前作の『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』の方。
ソフトの購入自体は去年の春だった気が笑
ずっと掛け合い動画を観てただけだったけど、
遂に実際に遊べるようにもなるのだ!
アイズオブヘブン追加コンテンツ確認
延長されているという話の早期購入特典プロダクトコード
無事使えたことを確認✨

……ただこのPS5というハード、
パソコンの性能がゲーム機を超えて久しい今では
本当に買うメリットがほとんどない代物😓
良く言われる◯キャンセル×選択は
箱コンと同じ配置なのですぐ慣れたけど、
PS5にはそれ以前の問題がある。

昔はGCのゲームはGC、PS2のゲームはPS2、
XboxのゲームはXboxというように
そのハードのゲームはそのハードでしか遊べないのが当たり前だったのに、
最近は任天堂ゲー以外はほとんどSteamでも並ぶようになり、
便利になった反面ハードの特色が薄れた気がする。

Nintendo Switchは総じてPC版のない任天堂ゲーを遊べるという
大きなアイデンティティがあるから例外だけど、
PS5はとにかくPS5専用ソフトが少ないのと、
その割に値段が高すぎるのが問題。
特別な理由がない限りは多少奮発してでも
ゲーミングPCを買った方がいい。

よって、我が家ではPS5はPSplusの特典を利用するだけで、
基本的にジョジョ専用機になると思う。
ニコニコ大百科でも、PS5を買うメリットが少ない、
SCEがIPを大切にしていないなどと議論が交わされていた。
トロのアイコンはあったけど、またゲームも出してほしいよ……🥺

ジョジョEoHに関しては、現在は別ゲーのイベントがあるので
ゆっくりプレイしていく予定。

ゲームの世界に転移して巨大ロボットで無双~俺は今、猛烈に熱血している!~

今週、葦プロダクションの公式YouTubeで
NG騎士ラムネ&40(1990年~1991年)の配信が始まった。
https://www.youtube.com/watch?v=Vpo5uDvl7VYから観られます)

あかほりさとるさんの作品はいくつか見てきているけど、

・最初はアクの強い作風を感じても、
いつの間にか馴染んでいるケースが多い
・子供向け作品でも、ストーリー構成がしっかりしている
・ネコを肯定的に描く傾向が強い
(てやんでえ・サクラ大戦・モンコレナイト等)

という印象が強く、実際楽しめた作品が多いし、
更にこちらは小山高生さんが主に脚本をされているとのことで、
例によって好きなスタッフ・キャストの名前に飛びついた、
というのが視聴の切欠だったけど、第1話の印象は良かった。

内容は当時まだ珍しかった異世界転移もの。
またギャグ要素が強いのも特徴だけど、
キャラクターのやり取りはやはりセンス抜群。
中でも言及すべきは誰かを下げても下げっぱなしではないということ。

・ラムネが女性教師に追われている時の「美人が~」
(美人なのは否定しない)
・レスカのサイダー(美形だけど癇癪持ち)に対する
「病気さえなければいい男なのに」
(いい男なのは否定しない)
・容姿を気にしているココア→メガネを取れば「可愛い」と言われる
・幼稚な一方で、「ラムネを連れてきた自分が責任を取る」と言うミルク


誰かが誰かを下げていたり、あるキャラの短所が目立っても、
それっきりではなくしっかり別の長所に着目させたり、
ストーリー上でフィーチャーしている。
やはりギャグだからといって何でもやって良いわけではなく、
こういった細かな配慮がなければ笑えないよね。

あとは性別による押し付けがましさがないを満たせれば
男女・世代問わず楽しめる作品として高評価できるけど、
こちらは現段階ではまだ分からない。
『キャッ党忍伝てやんでえ』はこの2点
(下げた後のフォロー・男女平等)がイマイチだと感じて
どうにも受け入れられなかったけど、
『ラムネ』の場合はラムネとミルクが後にカップルになるらしいので、
こちらの条件も満たしてくれる期待が持てる。

ただ懸念なのは、本作が放送当時のグッズの売上がイマイチで、
本来の予定より話数が短縮されていたことだね……
そのことが全体のストーリーに悪影響を及ぼしたり、
中途半端な形で終わってしまったら嘆かわしい。

『ドロンジョさまは転生しても悪役令嬢のままだった』2話を読みました

https://kansai.mag-garden.co.jp/doronjo/

馬車がやっとな中世ヨーロッパの時代で、
車を売って儲けようとするドロンボー一味だが……!?

そう、あの方も一緒に転移していた、
あるいはこの時代から存在していたことが分かった2話。

いくつか伏線らしき要素が仕込まれる中、
序盤に出てきためっちゃ可愛い女の子もなんか既視感が……
同じ読者の皆さんは、本当に彼女があれだけの出番だと思う?

『タイムボカン』の主人公、丹平のトライタイプ考察は困難

投稿がチョロの気分次第で申し訳ない……!

キャラクターの性格を分析することは、
創作を楽しむ醍醐味の一つ。
チョロの場合はやっぱり『タイムボカン』の丹平でやりたくなるけど、
結論から言うと「MBTIはともかく、トライタイプの判定は難しい」キャラだった。