エレクトロニックプリンスⅡ

タツノコプロと昭和アニメ中心。現在『ウルトラマンZ』の感想を投稿中!

お世話になってます!居候のキャラクター

居候のキャラクターの定義とは、
普段他人の家で生活している架空のキャラクターである。
Q太郎ドラえもん、うる星やつらのラムちゃんが有名だろうね。

キャラクターの住居には様々なパターンがあるけど、
居候に含めるものと含めないものを分ければ、

○他人に憑依・装備・寄生している
(例:初代ウルトラマン、シャッポじい、闇遊戯)

○ペット・お供・召喚獣の類で、主人も居候の定義を満たす
(例:おじゃる丸の田ボ)

○他人の家に勝手に住みついている
(例:トムとジェリーのジェリー、カービィのトッコリ)

×ペット・お供・召喚獣の類で、主人が居候の定義を満たさない
(例:カプセル怪獣、悪魔くんの使徒)

×同じく身寄りがない相手と共同生活している
(例:つばくろの甚平)

×他人の家にお世話になることもあるが、基本的に自分の部屋に住んでいる
(例:ドラえもんのガチャ子)

×自分の家に帰らないことが多いが、他人の家で寝泊まりすることも少ない
(例:キャシャーン、ポケモンのサトシ)

×孤児院、寄宿舎、勤務先など家とは言えない場所で生活している
(例:ウラシマ・リュウ、乱太郎、ナージャ)

×出自は別の地域・時代・星だが、居候だと断定できる描写がない
(例:セブン本編のモロボシ・ダン)

例外が圧倒的に多いね😂
ブースカに関しても、本来は大作のペットのイグアナであるため含まれない。
ちーすい丸も血を狙って家ではなく
人に付き纏っているだけなので含まないことに。
あんなのを住まわせたいと思わないが

私の場合は……

楽しそうなキャラ

ドラえもん(ドラえもん)
定番中の定番!でも地球破壊爆弾は勘弁😂

雛苺(ローゼンメイデン)
この子だったら、無邪気でかわいくて普通に欲しい。

ウルトラマンゼット(ウルトラマンZ)
日本語が苦手だけど、性格が良いから楽しそう。

大変そうなキャラ

ジェリー(トムとジェリー)
他人事に出来ているうちが華。

Q太郎(オバケのQ太郎)
4人家族でコイツの膨大な食費を賄える大原家は凄い😲

真紅、翠星石(ローゼンメイデン)
私がジュンだったら即破壊してる😅
読者の方も遠慮なく
居候キャラについて語ってくださいな♪
スポンサーサイト



参加中!押していただけるととても喜びます♪
別窓 | 読者にアンケート | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

あなたの好きな老人キャラは?

今日は敬老の日
と言うことで、今回は好きな老人キャラクターのアンケート。
老人の定義は曖昧だけど、

○実年齢が60歳以上
(例:木江田博士)
○具体的な年齢は不明だが、老人として描かれている
(例:でんぢゃらすじーさん)
○長命な種族か、成長が止まっている場合は、老人として描かれているもの
(例:ウルトラマンキング)
×子供や孫がいても、老人としての描写ではない
(例:ウルトラセブン、ウルトラの父)
×口調や精神は老けていても、外見は明らかに若い
(例:『新光神話 パルテナの鏡』のナチュレ)
×年老いた姿が登場しても、短期的に過ぎない
(例:『ヤッターマン』の面々、コミック版のウラシマ・リュウ)
×人間の髭が生えていても、おじさん・おっさん止まり
(例:マリオ、ルイージ)

以上の例を基準に老人属性を判断していいだろう。

とは言え、私自身はやっぱり良く目立つ若いキャラの方が好きで、
老人キャラを特別好きになることはあまりないけど😅
一番を上げるとなれば、やっぱり『ウラシマン』のフューラー総統
面白いキャラだったし、アンドロイドが尽くしていたのにも泣けた。
あと、でんぢゃらすじーさん
子供の頃、学年誌やコロコロで散々笑わせてもらった。
どうぶつの森コトブキ🐢、カブリバ🐗、ゲコ🥒も好き。
参加中!押していただけるととても喜びます♪
別窓 | 読者にアンケート | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

うんざりするゲームキャラクター

新造人間キャシャーンアンドロ軍団
本当に悪の塊のような連中である。
中でもブライキングボスの悪辣さは筆舌に尽くしがたい。
殺戮に破壊に人質にやりたい放題、
相手に都合の良い約束は平気で無碍にし、
部下への思いやりもあるようでなく身勝手な理由で破壊する。
見た目も不気味で親しみにくい印象が強く、
人間を裏切った理由も然程共感できる訳ではない。
でも、不思議と嫌悪感は感じない
物語を盛り上げるために設けられた悪役である。
悪役なので痛い目を見ることが前提の悪事であると受け止められる。
ひたすら悪い奴だからこそ、
キャシャーンが命を捨ててでも倒したがる理由が分かる。
何よりも、所詮はテレビ越しに見守るだけの架空の人物なので、
ある程度は他人事にできると言うのがある。
流石に推しを理不尽に生き殺しにされたりすると、
悪役補正があっても受け入れることは厳しくなるけどね……

むしろ、ゲームキャラクターの方が嫌いになることが多いようである。
こちらは自分が直接関わることになるため、
現実で人を相手にするように、
多くの場合他人事には出来ないからである。
そのお陰で、内面の描写こそ限られていても、
実際に関わるうちに親しみが湧くケースが多いが、
却って嫌いになるケースも目立つように思える。
ゲーム以外のメディアにも共通するマイナス要素を除いても、
早く次に進みたいのに無駄話で長引かせる、
利用頻度の高い施設のキャラなのに態度が悪く改善がない、
別の目的のために必ず話さなければならないのに口調がくどい、
移動の邪魔になるところに陣取る
(いわゆる門番ではない)などは
実に不愉快極まりない
それでも敵キャラなら成敗できるのでまだ良いが、
上記の不快行為を取るキャラの殆どは味方側のNPCであり、
殴ることも抗議することも出来ず
一方的に受け手に不快感を植え付けてくるので尚更タチが悪い。
根は見た目の良いキャラが良いと思っていても、
結局外面しか長所のないキャラはタカが知れているので、
直接関わるゲームキャラは尚更見た目だけでは補いにくい。
これに、他のメディアと同様制作側からの贔屓
マナーの悪いファンなどが合わさった日には……
参加中!押していただけるととても喜びます♪
別窓 | ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

『ウルトラマンZ』第13話「メダルいただきます!」&ボイスドラマ「ウルトラメダル」

起きなさい、地球人!
本日のウルトラマンZカネゴンが登場!

ウルトラマンゼットは突然気持ちが合わなくなったハルキを気にかけていた。
相変わらず上の空のハルキの背後に光る目玉……
それはコイン怪獣カネゴンだった。
カネゴンもまともに本編に出るのはかなり久々なんじゃないかな?
声はかいじゅうステップのカネちゃんと同じ。
そしてウルトラメダルを食べられてしまう。
ハルキはカネゴンからメダルを吐き出させるために
スカイドン回の科特隊ばりの手を尽くす😂優しいなぁ、私ならぶん殴っt
好奇心旺盛なカネゴンのために
現時点でのウルトラマンZの形態が一挙紹介。
すなわち総集編でもあるんだけど、違和感なく纏まってると思う。
そして遂に赤いアイツネタが公式化。
カネゴンは同族をソイツに殺されたことがあるもんね……😅
ヘビクラのくしゃみする時は手で押さえろ……
全くもってそうだ。チョロも集合住宅だから
時々他所のデカいくしゃみが聞こえてホントうゲーっ!!🤢
ヘビクラはやっと怪獣を倒せるところまで来たか
呟いていたのも特筆すべき。
ユカのお陰でグルジオライデンがメスだったのも分かる……
確かにぶりっ子だったね😂
しかしカネゴンは怪獣の癖に怪獣を倒したいと言って
ハルキの地雷を踏むハメに。
まあ、カネゴンって元来元人間だからね。
そしてハルキを励まそうとする純粋なカネゴン。
声に少し抵抗があったけど、ここはちょっと可愛かった。
そんなカネゴンが死にそうになって更に鬱展開に……!?
……と言うのもカネゴンの黒い冗談。
メダルはトイレで無事ハルキの手元に戻り、
ハルキはカネゴンのお陰で心が癒され、
ゼットとの距離もより縮まったのであった。
腐ってはないけど、やっぱり姿形の違う者同士が
絆を深める展開はいいものだね。
ウルトラマンは飲食の有無はさておき、胃はないと見た。
てか、結局あのカネゴンは何者?

ボイスドラマはウルトラメダルの紹介。
マン、エース、セブンのグランセイバードゼロ
ゾフィー、メビウス、ティガのシグマブレスターなるものが登場。
あれってこのためだけのデザイン?
参加中!押していただけるととても喜びます♪
別窓 | ウルトラマンZ | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨

誘拐事件発生~どうぶつの森e+

虫取りも魚釣りもあまりしておらず、まだまだ図鑑完成には遠い。
コグマのきんぞうノミを取ってあげた😀
しかしその直後慌てだしたので、何かと思えば……

その発想はなかったきんぞう……許してくれ😭
ノミなんて痒いだけだと思っていた。
きんぞうがノミのことをそこまで想っていたとは知らなかったんだ。
アイルときんぞう1
アイルときんぞう2
きんぞう愛されてて良かったねえ😭😭😭
そして、シベリア悪事を見抜かれてしまった!

そ、そんなことないよ😅
この村も大分賑やかになってきたじゃん?😅😅
だから……
(強制連行)
参加中!押していただけるととても喜びます♪
別窓 | どうぶつの森 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| エレクトロニックプリンスⅡ | NEXT